月商100万超えなんかしたら体を壊す?


こんばんは!山崎です。

ご相談にいらっしゃる起業家さん
(特にセラピストさん)に
間違った認識として多いのが

「月商100万超えなんかしたら
体を壊してしまいます・・!」

 

といった考え方です。

確かに、

現状のメニュー数

現状のお客様設定

現状の顧客数

など、

 

現状のシゴトのまま
単純に顧客数を増やそうとしてしまえば

 

体を壊してしまうかもしれません。

 

 

しかし、
もしあなたが、

『正しい時間の使い方』
をできたとしたら、、

 

 

今よりむしろ
休みを増やしながら
月商100万に到達することは可能です。

 

 

実際に、
門下生の小顔サロンきゅっと!吉村沙織さんは

先月2月の1ヶ月間で、

 

1週間ハワイに行きながら、
自宅の引越しもしながら、
いつも通り月商100万をつくっています。

16681644_1800302326912627_4562341220028063461_n.jpg

(先月、起業家仲間とハワイでドルフィンスイムをした時の写真です^^)

 

 

では、
彼女がそういったライフスタイルを
確立できている反面、

 

なぜ、多くの起業家は
忙しさに追われても売上アップが見込めないのでしょうか・・?

 

それは、多くの起業家が

『やるべきタスクを間違えているから』
と、僕は分析しています。

 

 

まず大前提として、
僕たち起業家は、
本当に多くのシゴトを抱えています。

 

 

・商品・サービスを考える企画創造

・ブログやメルマガの配信

・Facebook投稿

・専門分野の研究

・Facebookでのいいね!やコメント回り

・既存のお客様へのメールや顧客対応

・セミナー開催

・個別セッションや相談会の開催

・広告を打つ

 

などなど・・!!

本当にたくさんのタスクを
抱え込んでいるわけです。

 

 

しかし一方で、
僕たちの時間には
限りがあります。よね(^^;)

 

 

どんなに頑張っても
24時間しかありません。

 

 

すると、
たいていの場合タスクとして抱えている
全てのことは実行できないわけです。

 

 

もちろん、
何週間も何ヶ月も、あるいは
何年もかければ全てのタスクは完了
できるかもしれませんが・・!!

 

 

その時にはすでに
新しいタスクが追加されていると
思いませんか??(汗

 

 

何が言いたいのかというと、

タスクは決して
空にならないということです。

 

 

 

ただ、忙しさに追われて
しまって伸び悩んでいる起業家は、

そもそもこのことに
気づいていない可能性が非常に高いです。

タスクを全て一気に取り掛かろう

・・・とか、

 

全て自分で処理するものだから
片っ端から取り掛かろう

・・・とか!!!!

こんなことをやってしまうと、
一見シンプルな方法に見えて、

この量が膨大な場合には、
人生を大きくロスしてしまう結果に
なるわけです・・!!

 

 

 

何度も言いますが、
タスクは空になりません

だからこそ、
数あるタスクの中から
重要な2割を選んで、

これからの1ヶ月を取り組むことを
決めるべきなんです。

 

 

明日は僕や門下生の実例を交えながら、
具体的にタスクを有益な2割に
フォーカスする手法をお伝えしていきますね!

ではまた(^^)