◯◯を見つけるからビジネスは成長する。

Pocket

 

こんばんは!山崎です。
さて、
このところビジネスを、
あるいは対象となるお客様を
フォーカスする大切さを
お伝えしてきましたが、

 

もしメルマガでお伝えしている
内容をトライしても
うまくいかないという方のために、

フォーカスする前に
先にやって欲しい重要な
ワークがありましたので
今日はその話をしようと思います。

これは、
門下生のコンサルティングを始める時に
最初に必ずやってもらうことなのですが

それが何かというと、

『自分のアイディアを
棚おろしする』

ことです。

フォーカスメソッドは、
1〜4までの4つのメソッドを
順に行うことで、

無名からでも
ヒット商品を生み出すことができる
ものなのですが、

この『棚おろし』こそが
最初に行う1つめのメソッド
『ファインドアイディア』
というワークになります。

そもそも自分のアイディアとは
なんなのか?
と思うかもしれませんが、

これはパッと思いついた
アイディアなどではなく、

その人にしか持っていない
『資産』
のことを言います。

アイディアは思いついただけで
活用されなければ
ゴミになってしまいますが、

その人だけが持っている
「資産」に気づき
上手にフォーカスして
ビジネスにつなげることができれば
売上はつくれます。

逆に、
ただ流行っているからFacebookをやる
周りに流されてコーチの資格を取った
なんとなくセラピストの講座も受けている

といった、
軸がないビジネスは
非常にうまくいきにくいです。

だからこそ、
まず1番最初のステップとして、
自分にはどんな『資産』があるのか?

真剣に向き合って
考えることが重要です。

『そんな資産なんて自分にはない・・』
と謙遜してしまう方もいらっしゃるかも
しれませんが、

これまで200名以上の
個別相談をしてきた中で、
起業のアイディアが全く何も
出なかった方は
1人もいらっしゃいません。

それくらい、
1人ひとりは必ず何かの資産を持っているんです。

明日はどうしたら
自分の中の資産を棚おろしできるのか?

僕が開催するセミナーでも行っている
具体的なワークを
お伝えしますね!

ではまた。